ウィーン・リングアンサンブル

EN | DE | JP

その名はウィーン旧市街を取り巻くリング通りにちなんでつけられた。

ライナー・キュッヒルをリーダーとし、全員ウィーンフィルのメンバーからなりたっている。

ヴァイオリン2人、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、クラリネット2人、ホルンと、9人の編成からなるアンサンブル。

主にワルツやポルカを中心に演奏活動を行い、毎年年末にはウィーン楽友協会(ムジークフェライン)で恒例のコンサートを行っている。お正月には日本で、すでに20年以上に渡り小さなニューイヤー・コンサートを届けている。

ウィーンの伝統を守り、またウィーン独特の演奏形式を醸し出す興味深いアンサンブルである。

 

© 2016 RAINER KÜCHL